勃起持続力に自信がありますか?

性行為の途中で萎えて中折れしてしまう、前戯まで元気だが挿入まで勃起が持続しない、そもそも勃起力がない、オナニーはできるけど生の女性とはセックスができない。

 

悩みは人それぞれあるでしょうが、男性の勃起持続力がなくなると充実した性生活を営めないばかりか男女関係のトラブルの原因にもなり夫婦なら離婚問題にまで発展することもあります。

 

ですから早急に勃起が持続するための対策を立てなければいけません。

 

とはいっても、即効性のあるED治療薬を使って勃起させることは根本的な解決にはなりません。
なぜならED治療薬は性的興奮を受けたうえで強制的にペニスを勃起させるため副作用の心配もあり男性機能の強化を目的としているものではないからです。
言いかえればED治療薬はその場限りの女性と性行為をするために勃起させる対症療法にすぎないのです。

 

つまり、男性ホルモンの分泌を促す体を作り上げることを半年から1年かけて作りあげることが勃起持続力を上げることになるのです。

 

 

勃起持続力がない原因は年齢によって異なる

10代〜20代の若年層の性的行為の経験が浅い方は女性の刺激が強すぎて射精のコントロールができないいわゆる早漏です。一方で30代後半から60代にかけての中高年の男性の勃起持続力がないのは、男性ホルモンの低下なのです。

 

しかし対策は同じです。
中長期的に精力サプリメントやペニス増大サプリメントで男性ホルモンの分泌を活性化させ勃起力を強化することです。
若年層の男性は特にペニス増大サプリメントとトレーニングによりペニスを鍛えることが大切です。

 

また、短時間で複数回をこなしたいのならバイアグラと精力サプリを併用する方法もあります。

 

一般的に男が年齢を感じて深刻に悩む事の一つに勃起機能が弱くなったことがあげられます。
「年だからしかたがないと男としては終わりか」と口では言っても、本心はもっと勃起してできるはず、もっとやりたいと思っているにではないでしょうか。

 

勃起持続力の目安を5つで判定

  1. 勃起を維持する自信はどの程度あったか
  2. 性的刺激があった時に挿入できるくらいの勃起の硬さに何回なったか
  3. 性交中に挿入した後勃起を維持できたのは何度か
  4. 性交中に射精までいけるまで勃起を維持するのは困難だったか
  5. 満足のいく性交の回数はできたか

 

40代以上の中高年の男性は自分は男性更年期ではないかと疑いがあるなら、男性更年期を診断してくれる泌尿器科や診療内科などの専門医に相談するべきでしょうが、実際は勇気を出して出向くことは稀なようです。
私も、恥ずかしい気持ちがありとても病院へ行ける勇気はありませんでした。

 

幸いなことに、インスパイア株式会社の精力サプリFORCEを知り合いから教えてもらってから持続力と回復力をつけることができました。

勃起持続力を高める成分

勃起不全あるいは持続力がない精力が衰えている方に有効な成分の一つにミネラルがあります。ミネラルは元気の源であり心身のバランスを維持する作用があります。

 

ミネラルの中でもペニスによい作用をしてくれるのがマグネシウムです。大豆、海藻、米ぬかなどにマグネシウムが多く含まれ勃起能力を強化するに欠かすことができません。

 

またアルギニンという成分は男性の勃起不全、中折れ、性欲減退など性機能を強化するうえで有効な成分なのです。
アルギニンは疲労回復か免疫力の強化などの作用もあり精力増強だけでなく健康的な体を保つこともできるのです。

 

それをふまえた上で勃起持続力を高めるサプリメントを提案していきます。

勃起持続サプリランキング

更新履歴